2010年06月05日

復元 10.6.1

誤ってごみ箱から削除したファイルの復元とその反対に機密文書等を完全削除

ソフト詳細説明
誤ってごみ箱から削除またはシフトキーを押しながら削除したファイルを復元します。
また、その反対に機密文書などをほぼ完全に削除することもできます。
インストールする必要は無いのでPCを汚さずに済みます。

Version 9.10.15でexFATパーティション対応化。
Version 9.12.20でファイルの中身から判断して復元する機能の種類に、JPEGファイル、GIFファイル、PNG ファイル、MNGファイルを追加。
Version 10.6.1でファイルの中身から判断して復元する機能の種類に、MPEGファイル(RIFF CDXA形式を含む)を追加、NTFSフォーマットのリムーバブルディスク対応化。

【注意事項】
Windows Vista または Windows 7 をご使用の場合は、システムドライブ(通常はC:\ドライブ)の完全削除はできません。
【試用版の機能制限】
(1) 削除したファイルを検索して一覧を表示することは可能ですが、表示されたアイテムを復元することはできません。
(2) 「完全削除」機能は使用できません。
(3) 終了させるたびに弊社のページへの接続を促すメッセージを表示します。
上記の3点以外は、製品版と全く同じ仕様となっております。

動作環境
復元の対応動作環境 ソフト名:復元
動作OS:Windows 7,Vista,XP,WinMe,Win2000,Win98,WinNT
機種:汎用 
種類:サンプル版
作者:(株)ハイセライト

vector DLページ

タグ:復元 削除
posted by データ復旧 ハードディスク at 01:17 | データ復元アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

専任管理者のいない中小企業向けのバックアップソフト

CA ARCserve D2D r15は、専任のIT管理者がいない中小企業や部門向けのディスクイメージ・バックアップソフト。自社のバックアップソフト「CA ARCserve Backup」の機能のうち、Windowsサーバーのバックアップ作業に必要な最小限の機能をパッケージにまとめた。

バックアップ対象のWindowsサーバーに直接インストールし、別のディスクにバックアップデータを保存する。ディスクイメージを高速バックアップするが、ファイルやフォルダ単位でのリストアにも対応する。さらに、バックアップ対象サーバーの故障時に、異なるサーバーへシステムをリカバリするベアメタル復旧機能を備える。

初回バックアップ時にサーバー内の全データをフルバックアップし、2回目以降は更新されたブロックのみを増分バックアップする。増分のみをバックアップすることで、バックアップ時間を短縮しバックアップ用ディスクの使用量を節約する。

リストアは、フルバックアップと増分データを組み合わせて行う。増分バックアップを実行した時点を「復旧ポイント」として記録し、任意の復旧ポイントにリストアできる。復旧ポイントがあらかじめ設定した最大保持数に到達した時点で、フルバックアップデータと最も古い増分データとをマージして新しいフルバックアップデータに更新する。これによってリストアの高速化を図った。

posted by データ復旧 ハードディスク at 13:13 | データ復元アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。